エストニアのe-residencyに登録した話

この記事の内容

行政の電子化が世界一進んでいるというエストニアの電子市民制度(e-residency)という仕組みがある。

働き方の選択肢として、二拠点生活や完全テレワークなど考えたときにデジタルノマドにマッチしたこの仕組みは非常に有用と考えている。

そのような働き方へのシフトを目指す第一歩としてとりあえず登録をしてみた。

申請には英語でのやりとりがあるのでどの程度の英語力が必要なのかまとめた。

f:id:shujit:20210811152327p:image f:id:shujit:20210811152334p:image f:id:shujit:20210811152341p:image

e-residencyとは

電子市民制度ということで、エストニア政府から市民IDが発行される。

ただし、国籍やビザとは違うのでエストニアでの永住権が取得できるわけではない。

では、何ができるのかというと

  1. 会社設立と運営
  2. 銀行口座の開設
  3. 電子署名

の3点。

エストニアはEUの加盟国なので、その商圏でのビジネスを目的とすると、かなり手軽に法人の立ち上げができる。

申請からキット受け取りまでの流れ

  1. e-residencyのページから申請と登録料の支払い
  2. メールに支払いと申請受付のメッセージがくる
  3. メールに申請の受諾のメッセージが来る(2-3週間後)
  4. メールにwelcomeメッセージが来る(さらに2-3週間後)
  5. メールにIDカードなどのKitが到着しピックアップ可能になったとの連絡が来る(さらに2-5週間後)
  6. 事前に電話予約をしてKitの受取日を調整
  7. Kitを受け取りに行く

私の場合は、

2020-12-29 申請
→2021-01-15 受諾メール
→2021-02-02 welcomeメール
→2021-03-02 Kit到着メール
→2021-05-20 電話予約
→2021-05-21 Kit受取

といった感じ。

電話予約を受け取り前日にしてしまいましたが、余裕を持って予約したほうが良い。

(コロナ禍のため日程が直前までわからない状況だったと言い訳してみる)

必要な英語力

どれほどの英語力が必要なのかというのを気にされる方も多いと思う。

自分もその1人で、参考になるかはわからないがひとつのサンプルとしてお話しすると、

サンプルの特性
  • 20年ほど前に英検2級を取得
  • 大学受験では英語力がほぼ不要な大学に入学
  • 大学時代の英語は「可」よくて「良」
  • TOEIC, TOEFL未受験
  • 社会人時代はシステムエンジニアリングに必要最低限な英語ドキュメントを読む程度
  • 海外旅行では単語の羅列で乗り切る
英語のリーディングが必要な局面

【申請時】
申請ハウツーのブログがあるので乗り切れる。
大丈夫。

【メール受信時】
難しい単語は特にないので何となく言ってることはわかる。
Google翻訳もある。
大丈夫。

英語のスピークとリスニングが必要な局面

【電話予約時】
事前にGoogle翻訳など伝えるための英作文と音読をする。
相手方の言っていることは焦らず落ち着いて聞く。
受け取りの日付と時間の認識さえ一致させることができれば目的は達成と考える。
大丈夫。

【Kit受け取り時】
ドアホンで受け取りに伺った由伝える、これも事前の英作文と音読で乗り切る。
部屋に通された後、指紋の登録やKitの使い方などの説明を受ける、身振り手振りが使える。
また、何を目的として申請したのかと問われる、日本語を混ぜながらでも良いと言われる。
多少言葉に詰まっても日本語が伝わる。
大丈夫。

今後

EU商圏への展開はおろか、国内でも独立→法人立ち上げをしていない状況なので使うのはまだ先になりそう。

法人設立と銀行口座の開設をしたらまた記事にしたいと思う。

認定スクラムマスター(CSM)の資格を更新した話

この記事の内容

  • CSMの資格を更新するためにはレポートの提出が必要になった
  • でも、とりあえず申告すれば審査とかは無いので面倒臭がらずにやろう

認定スクラムマスターとは

認定スクラムマスターという資格制度をご存知だろうか。

ご存知ない方に一言で申し上げると、チーム活動を進めるにあたって様々な課題が発生するのだけど、それを発見しやすく解決しやすくするようなチーム活動の回し方をちゃんとお勉強しましたよ。というものだ。

海外の団体が運営している資格団体で、ScrumAllianceというところが認定する資格なのだが、日本人でも指定の講座を受けてその後にある試験(Web受験)に合格できれば資格がもらえる。

私が取得したのが2013年11月なので最近の取得事情は変わっているのかもしれない。

当時15万円(自腹)で講座を受けて、Web試験(英語)をgoogle翻訳しながら受けて合格した思い出がある。

資格更新がある

で、この資格は2年間有効で期限が切れる1ヶ月前くらいにメールでお知らせが来る。

↓こんなの

f:id:shujit:20191012102725p:plain

資格更新のお知らせ

ここに書いてある通りに、画面ぽちぽちして お布施 更新料を支払えば、さらに2年間資格を維持できるっていう寸法だ。

だいたい1万円くらいなので、1ヶ月400円くらいと考えればニコニコプレミアム会員より安いので、特にこれといったメリットも感じてはいなかったのだけど、思い入れのある資格なので更新を続けている。

今回は3回目の更新だ。

今回は違った

とまあ、今回もカード番号入力してクリックする作業を脳死状態でやるか。と思っていたのだが、

f:id:shujit:20191012103422p:plain

画面中央の右側に 20 SEUs という文字が確認できると思う。

これ、最初開いたときは 0 SEUs となっており、下にある RENEW NOW ボタンが押せない状態だった。

なんだSEUsって、マイクラのシェーダーでも作らんといかんのけ。と思ったが、画面のちょろちょろ書いてあるところに Scrum Education Units と書いてあるのでどうも違うようだ。

↓に説明ページがあったのでさらっと眺めてみると、どうやらScrumに関するイベントや学習、ボランティア、その他の活動に対してポイントを付ける仕組みができたらしい。

www.scrumalliance.orgCSMの資格を更新するためには、$100とSEUsが20ポイント必要になったということのようだ。

SEUsを取るのは簡単

私の場合は、イベント出てないしボランティアもやってないので、学習でこの20ポイントをゲットするしかない。

Manage SEUs というメンバー用に SEUs を申請するページがあるので、そこからレポートを提出すると、申請内容に従ってポイントが加算される。という仕組みになっていた。

レポートと言っても、4000文字以上とか、ましてや論文をwordファイルで提出と言ったものではない。

f:id:shujit:20191012104801p:plain

こんな感じの入力フォームに活動内容を綴って、ポイント数を選択して Submit を押すだけである。なんだちょろい。

※ とはいえ Activity Description はもちろん↑の画像のようなものは許されてはならない

Learning の場合、1時間を1ポイント換算で申請することができる。

私の場合は、内製チームと外部ベンダーからなる開発チームの回しをする機会があり、そのメンバー構成でもスクラムを適用できるのか。というところで、

エッセンシャルスクラムという書籍を読み、コアコンセプトの再確認を行なっていたので、その時間を丸々SEUsに当てることにした。

『エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド』|感想・レビュー・試し読み - 読書メーター

上記のフォームから Submit をすると、その場で入力した SEUs がポイント加算される。

まとめ

認定スクラムマスターの更新には SEUs というポイントが必要になった。

SEUs は自己学習などで獲得することが可能で、申請手続きはとても楽。

MacBookに貼り付けたステッカーの話

MacBookにステッカーを貼るのが礼儀だと思っている。

Macが社用で配布された際に、真っ先に訪ねたのが、

「ステッカー貼っていいですか」だった。

 

そんなわけで、Macを手に入れてから1ヶ月で貼ったステッカーについて話していきたい。

f:id:shujit:20190411215748j:plain

GCP Cloud ML Engine

多分2年前くらいに、GoogleJapanのカンファレンスでもらったステッカーのうちの一枚。

寝かせていたので、満を持して貼った。

貼る場所に困っていたので、妻に「どこか貼って」と頼むと躊躇なく林檎を上書きする形で貼られた。すごい。

LOHACO

古巣のステッカー。

1年前くらいにもらっていたのを、寝かせていた。

前職で「Mac支給されたら貼ったろ」と思っていたら、支給されたとほぼ同時に退職することになったので貼らないまま持ってた。

(今は、入社するとすぐ支給されると思うのでご心配なく)

感謝の気持ちを込めて貼った。

Yahoo

古巣の親会社のステッカー。

連携して進めていた案件があったりして、何回もお邪魔した時のどこかのタイミングでもらった。

紀尾井のノマドスペースはかなり洒落とる。

執務スペースへの行き方は上がったり下がったりダンジョン感すごい。

Gunosy

人工知能学会@鹿児島で企業ブースに遊びに行ったらもらえた。

たくさん持って行ってと言われたので本当にたくさんもらった。

ああいう場所で求人活動できるとかっこいいなと思う。

DeNA

同上。

存在感すごい。

ゲーム会社の経験がないのに貼ってる。

野球はソフトバンクを応援している。

wework Fukuoka

入居したらもらえた。

Tokyoバージョンやアイコンのみのバージョンももらったが、折角福岡にいるけん福岡バージョンにした。

weworkは世界中にあるので、行った先々でステッカーもらえたりしないだろうか。

完全テレワークになったら世界各地のweworkを転々としながら働いてみたりしたい。

Groovenauts

お邪魔した時に、ステッカー狂っぷりをアッピールしたらもらえた。

白抜きやアイコンでかいバージョンなどいくつかもらった。

この辺でだんだん貼る場所がなくなってきたので、Yさんの上に貼った。

お世話になっております。

OctoCat

Githubのグッズショップで、Tシャツとマグカップと一緒に買った。

github.myshopify.com

マグカップはシンプルで職場でもさりげなくアッピールできる。

すぐに売り切れになるので、頻繁にチェックするとよい。

Tシャツは生地が薄かったのでいまいち。重ね着目的なら良いかもしれない。

GCPUG、TFUG、ヒカラボ

勉強会に行ったらもらえた。

エンジニアと話すフックとして機能するのでかなり良い。

 

またネタが増えたらエントリー書いていこうと思う。

ConfluenceServerのトライアル環境を4秒で支度する話

タイトル詐欺である。申し訳ない。

だいたい20分くらいで用意できる感じである。

最近、Confluenceのサーババージョンを支度する機会があった。

あまり似た境遇の人もいないでしょうが「ニッチを見捨てない」をモットーに手順を残しておく。

 

公式を見てね。

で終わるのだが、あと20分以内に社内wikiを用意しないと8億円の商談に失敗してしまう、という奇特な新人がいらっしゃるかもしれないので、必要最小限の作業に絞って書く。

ニッチを決して見捨てないのだ。

 

準備しておくもの、

  • GCPアカウント
  • Atlassianアカウント

上記用意がない場合は20分で終わらないので商談は失敗してしまう。

力及ばず、すまない。

 

VMインスタンスの起動

GCPコンソールから、ConputeEngineへ移動しVMインスタンスを作成する。

マシンタイプは、n1-standard-1でもそこそこ動く。

ネットワークの設定はここでは不要。

Dockerインストール

VMにsshで接続して、下記コマンドを実行する。

$ curl https://get.docker.com | sh
$ sudo usermod -aG docker $USER
$ sudo systemctl start docker
$ sudo systemctl enable docker
$ docker --version

Dockerのバージョンが表示されればオーケー。

Dockerイメージをプル

DockerHubに、公式のイメージpullコマンドが記載してある。

https://hub.docker.com/r/atlassian/confluence-server

画面右側の中程に、Docker Pull Commandの記載があるので、そこのコマンドをまるっとコピーする。

コマンド実行。

$ sudo docker pull atlassian/confluence-server

こんな感じ。

Docker起動

公式ページに起動コマンドが書いてある。

https://bitbucket.org/atlassian-docker/docker-atlassian-confluence-server

画面を少しスクロールすると、Quick Startの段落があり、runコマンドが記載されているので、まるっとコピーする。

コマンド実行。

$ sudo docker run -v /data/your-confluence-home:/var/atlassian/application-data/confluence --name="confluence" -d -p 8090:8090 -p 8091:8091 atlassian/confluence-server

こんな感じ。

VPCネットワークの設定

Confluenceの接続ポートを開けるために、VMのネットワーク設定をする。

まず、GCPコンソールのVPCネットワークから、「ファイアウォールルールを作成」でルールの作成をする。

「名前」と「ターゲットタグ」には任意の文字列、「ソースIPの範囲」に 0.0.0.0/0 を入力する。

「指定したプロトコルとポート」で、tcp の 8090 と 8091 を設定して作成する。

次に、作成したファイアウォールルールをVMに適用する。

ComputeCloudの、VMリストからVMの詳細画面を開く。

編集のリンクがあるので、そこから編集画面へ。

ネットワークタグの項目に、先ほど作成したファイアウォールルールの「ターゲットタグ」を追加して設定を保存する。

これで、http://[VMのIP]:8090/ からConfluenceの初期設定画面を開くことができる。

トライアル版ライセンスの取得と初期設定

最初の画面で、言語の選択と、インストールの種類を聞かれるので、日本語とトライアル版を選択する。

ライセンスキー入力画面が表示されるので、画面中央あたりの「評価版ライセンスを取得してください」のリンクから飛ぶ。

Atlassianのライセンス取得画面が表示されるので、Confluenceのサーバー版を選択して、ライセンスの生成を実行する。

ライセンスを生成したら、設定画面へ戻ってライセンスをコピペする。

「次へ」を押すと、データベースのセットアップが始まる。

2、3分待つとセットアップが終わるので、改めて http://[VMのIP]:8090/ にアクセスする。

初期設定画面が表示されればオーケー。

おしまい

以上で、手順は終わり。

トライアル版はデータベースが内部に作られますが、本番以降したい時は外部データベースを用意する必要がある。

データの退避とリストアはできるみたいなので、心置きなくトライアルしよう。

フルスタックアクセラレーターになることを決意する話

転職して1ヶ月が経った。

やっぱり会社に入る前と入った後で、想定どおりな面と想定外の面、諸々ありますがそこは転職の世の常。

そこで何を学んでサバイブしていくかが大事だと、齢98になるじい様が言っていた。

  • イケてる職場環境
  • 幅広すぎる職務
  • 求められるのはアクセラレータ

 

働く環境というのはとても大事だと思う。

今お邪魔しているのは、福岡の天神にあるシェアオフィスのビルなのだが、

広いデスク、飲み放題のコーヒー(ビールもある)、全面ガラス貼の窓、とても心地良い。

フリーランスの方も入るコワーキングスペースもあるので、某紀尾井町のオフィスに雰囲気は似ている。

月曜日の朝は朝ごはんが無料で振舞われるのもポイントが高い。

こないだは三日月屋さんのクロワッサンだった。

www.mikadukiya.com

 

近くにあるAI関連ベンチャーのオフィスにも結構な頻度でお邪魔して仕事をしている。

こちらも開放感溢れるオフィスで個人スペースも広くとってあり居心地が良い。

弊社本社オフィスより3倍は良い。

職場環境としては、想定以上でかなり満足している。

開放・自由・刺激、クリエイトに必要な栄養がもらえている。

 

どういう業務に従事しているかというと、機械学習を活用した公共事業のシステム作りと、それを創り出す体制作りだ。

実は転職の際のオファータイトルは、システム開発とデータ分析だったので、それよりも想定外に幅広い役割が求められている。

クライアントの現場に出向いて顧客要求を聞き取ることもするし、開発中のシステムをリリースに向けて管理していくこともするし、これから必要となる人材の見極めもする。

物理モデルシミュレーションについては現在パートナー企業さんに丸ごとお願いしている状況だが、こちらにも少しずつ首を突っ込んでいきたいと思っている。

 

フルスタックエンジニアという言葉が一時期バズっていたと思う。

個人的にフルスタックとはなんぞやというのは、属する環境によって違ってくるので人のスキルを定義するのに向かない言葉だと思っている。

Linuxコマンド打ててApache入れられてログ見れてMySQL立ち上げられてクエリ叩けてPHP書ければオッケーの場合もあるわけだ。

そんなわけで、フルスタックという言葉はあんまり好きではないのだけど、玉虫色の良さを逆手にとって、フルスタックアクセラレータという言葉を作ってみた。

穴だらけのチームでも昨日より良い明日へ、チームで前に進むことを推進する役割。

勝つためにどんなボールでも取れるリベロみたいな人間に、私はなりたい。

テニスを始めた話

体を動かしたすぎて何故かテニススクールに体験レッスンを受けに行った結果、入会までしてしまった話をする。

  • テニスと自分
  • スクールに行ってみたわけ
  • テニス楽しかった

 

まず、テニスと自分の関係について語ろうと思う。

中学時代は卓球部で、もっと動きたいなーという落ち着きのなさで高校からはテニス部に入った。

入ったはいいが、1年半ほどで幽霊部員になりそのままフェードアウトした。

つまらなかった訳ではないのだけど、週1くらいが飽きないくらいでちょうどいいかな。と思うようになり、とはいえ部活は毎日やらなきゃならない苦行なので結局行かなくなった。

大学では体育の授業がありテニスを選択したのだが、講義が週1ペースだったので非常に心地よかった。

単位が取れたと同時にラケットを捨てたのでそこからは一切テニスをしていなかった。

 

じゃあなぜ今更戻ってきたのか。

話は変わるが、大学以来、私の趣味はダンスである。

福岡に来て1ヶ月、踊る場所を探してきた。

平日の結構遅い時間に練習会やってる社会人サークルはないか、とか土日で良さげなレッスンがないか。とか、まぁ探した。

結果、サークルは見つからないし良さげなレッスンは平日の夕方くらいだった。

週に1度、少なくとも隔週で1度は踊っていないと調子が出ない。

禁断症状でチャリンコを乗り回してしまう病を発症してしまった。

そんな悶々とした日々を過ごしていたところ、会社や取引先の人たちが最近テニスを始めたという話を聞いた。

近々、テニスコートを借りて一緒にやろうかという話になっていた。

気づいたら私も参加することになったので、せめてラリーを続けられるぐらいまでにはなっておきたいと思い、長すぎるブランクをちょっとでも埋めるべくスクールの門をくぐることにしたのである。

 

流石に10数年のブランクがあるので、入門的なコースで体験レッスンを予約した。

思い立ったが吉日で、その翌日に体験できないかお願いしたのだが電話の向こうでアジリティ溢れる調整をしていただいたようで枠にねじ込んでもらえた。

スクールに入って驚いたのが、スタッフがすごい丁寧、あと笑顔。

↓のエントリでも書いたが、福岡人は喋り好き、めちゃめちゃ話しかけてくる。 

blog.shujit.com

 先生は、大学生くらい?レッスンは私を含めて5名いたのだが、それぞれのレベルに合わせた球出しをしてくれる。

1to1の顧客対応。すごい。

私の場合、30分もするとだんだんと感覚が戻ってきていい具合な返球ができるようになってきたところで、前後左右に揺さぶるような球出しをしてくるようになった。

ドSに違いない。

 

そんな訳で、気持ち良い汗をかいたので気持ちよく入会申し込みにサインしてきた。

頑張って取引先の人にダッシュ波動球をお見舞いしたいと思う。

東京から福岡に移住して1週間たった話

1週目が終了したので、東京と大きく違うなと感じた点をまとめてみる。

  • ゴミ出しのルールが違う
  • 地下鉄が地味に高い
  • カフェとパン屋が多い
  • お話好きな人が多い
  • 湿度が高い
  • 飲み屋にハズレがない

 

ゴミ出しのルールが違う

まず、ゴミ袋は指定された物を購入する必要がある。

半透明のものであればなんでも良いとする東京都違い、きちんと唯一指定されたゴミ袋が存在する。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、空き瓶ペットボトル用と3種類あり、用途とリットル数の違いで1枚当たりの値段が違う。

例えば、燃えるゴミ45リットルは45円となっている。

詳細は、福岡市 家庭ごみの出し方(ごみ出しルール)を参照してほしい。

上記の3種類は収集してくれるが、資源ごみは指定の集積所に直接持っていく必要がある。

区役所も集積所になっており、引越しの際に、不動産屋の方が区役所が近くて良いですね。と言っていたのだが、その意味がやっとわかった。

さらに、収集してくれる3種類のうち、燃えないゴミと空き瓶ペットボトルについても収集の頻度が低く、それぞれ月1回である。

 

地下鉄が地味に高い

市営地下鉄は、初乗り200円だがちょっと遠くなると260円になる。

東京ではメトロ沿線に住んでいたことがあるのだが、10キロ程度であれば200円圏内であったのが、福岡では5キロ程度で260円ほどになる。

バスが発達しているのだが、車社会であることもあり道路の混雑状況が読めないため、シビアな乗り換えがある、とか、予定の時間に間に合うようにいくためにある程度のバッファを見なければいけない。という感じなのでなかなか享受できていない。

結論としては、4キロ圏内であれば自転車最強となる。

 

カフェとパン屋が多い

チェーン店もそれなりにあるといえばあるが、なんと言っても個人or小規模のカフェやパン屋が多い。

その辺の小道沿いに評価の高い店がポンとあったりするので驚く。

味も雰囲気も非常に多様性に富んでいる。

福岡市民はその多様性を楽しんでいる節があり、自分の好みはどこだ。自分はそこよりここだ。みたいな会話を繰り広げている。

その結果、いくべき店が増えすぎて困る。

 

お話好きな人が多い

とにかく店員に話しかける客が多い。

常連さんでなくとも話しかけているし、なんなら他の客に話しかけている。

しかし不快な絡みではない。

家探しの時に同行してくれた不動産屋の方(40代男性)が、紹介物件の1階に入っている美容院の前でビラ配りしている店員さん(20代女性)にごく自然に世間話を仕掛けた時は陽キャか?と思ったが、どうやら標準らしいというのに最近気付いた。

 

湿度が高い

晴れの日は、東京はこの時期35%くらいまで落ちるが、福岡は40%くらいはある。

髪のセットは東京にいた時と変える必要がある人もいると思う。

肌にはとても優しい。

 

飲み屋にハズレがない

東京は絶対あたりの店にいけばハズレないしあたりの得点が高いが、福岡の場合は適当に入った店でもハズレない。

かと言って、高得点の店となると東京より多いというわけではなさそう。

福岡飯はうまい。というのはとにかくハズレがないからなのではないか説を提唱したい。

 

良いも悪いもまとめて、大きく違うなと感じた点をまとめてみた。

移住をご予定の方がいれば、参考にしていただけると心理的にスムーズに移住が完了すると思う。